風俗通いにはまって京都祇園のお店を利用した話

  • 2014年03月01日

あるエ○D○Dに和服ものがありまして、その映像を見てから、彼女に和服のコスプレをおねがいするようになりました。あんまりしつこいので彼女に嫌われてしまい、がっくしです。それから月日がたち、京都の友人から祇園に誘われました。昔殿様を接待していたと言う伝統的な風俗店を貸切で使えるとあり、本当に胸がドキドキしました。祇園の女性は本当に京美人と言う言葉が似合うほど美しく、私は彼女らの一挙一動に胸が打ち震えました。分かりやすい話が、彼女らに恋をしてしまったのです。舞妓さんはたしかに今となっては絶滅危惧種ですが、私にとっては天然記念物です。お会いした女性は夢さんといい、まだ20歳そこそこの方でした。それなのにとても仕草が美しく、上品な方だと思いました。私は彼女の毒牙にかかってしまいました。やっている事はいつもの風俗と同じなのに、なぜかとても心に染み渡るものでした。終わりに、三線を引いてもらいました。良く通る声で三線をかき鳴らす仕草は、本物の京美人を想起させました。

 

よく似た体験一覧